未分類

寅の日の意味とは?寅の日にやってはいけないこともご紹介!

寅の日の意味とは?寅の日にやってはいけないこともご紹介!

「寅の日は縁起がいい日って聞いたことがあるけど、どんな日なのかな?やってはいけないことってある?」

 

金運に縁起がある寅の日ですが、やってはいけないこととやってもいいことなど、どんな過ごし方をすればいいのでしょうか?

 

  • そもそも寅の日とはどんな日なのか?
  • 寅の日にやってはいけないことは何か?
  • 寅の日の過ごし方はどうすればいいのか?

 

など、寅の日に関して気になることがたくさんあるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、『寅の日とはどんな日なのか?やってはいけないこと、やってはいけないこと』など詳しくご紹介していきます。

あらかじめチェックしておくことで、寅の日をもっと縁起の良い日にしていきましょう!

 

また、金運をアップさせてお金に悩まない人生を送りたい方へ。

 

今、金運のプロによる『特別金運鑑定』を期間限定『無料』で受けることができます。

特に、『40歳以上の女性の金運アップ』の効果が凄く、金運が上がる大きなチャンスです。

 

実際、この金運鑑定を受けている人ほど大きな臨時収入が入ったり、貯金がドンドン貯まっってきています。

 

今まさに人気が殺到しているので、ぜひ終了になる前に金運アップの秘訣を取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

寅の日とは?寅の日の意味や寅の日にやってはいけないこととは?

寅の日の意味とは?寅の日にやってはいけないこともご紹介!

 

寅の日とは何をする日?なぜ虎は縁起がいいのか?

 

まずそもそも、寅の日とは一体どのような日なのでしょうか?

結論から言うと、寅の日とは「出ていったものが必ず戻ってくる日」とされています。

 

例えば、お金を使っても戻ってくる、また旅行に行っても安全に帰ってくる日として言い伝えられています。

寅の日は「金運招来日(キンウンショウライビ)」とも呼ばれ、お金が関係する出来事にとってはとても縁起の良い日です。

 

なぜなら、古くからことわざで「虎は千里行って千里還る」という言葉に由来して、寅の日がお金に関して良い日とされてきたからです。

これこそ、虎は縁起がいいと言われている理由ですね。

 

実際、虎の黄金の盾模様が「金運の象徴」としていい伝えられており、お金が関わるイベントや旅行するには、もってこいの日なのです。

では、縁起のいい寅の日に「やってはいけないこと」をご紹介していきます。

 

寅の日にやってはいけないこと①:元に戻るから結婚式や入籍は避ける

 

寅の日にやってはいけないこと、1つ目は「結婚式や入籍」。

なぜならせっかく入籍をしても、離婚して元に戻ってしまうという恐れがあるからです。

 

実際に結婚式を挙げる時に、大安を選んで行う方も多いと思いますが注意が必要。

なぜなら、大安と寅の日が重なっている場合があるからです。

 

結婚式に大安を選ぼうとしている方は、寅の日が重なっていないかもチェックした方がよさそうです。

できることなら、プロポーズや結納、指輪の購入なども避けた方が安心と言えるでしょう!

 

寅の日にやってはいけないこと②:戻ってくるから葬式は避ける

 

寅の日にやってはいけないこと、2つ目は「お葬式」。

葬式も「死者が帰ってくる」といわれることから、寅の日には行いません。

 

とはいえ、お通夜は故人を偲ぶ会という認識なのであまり気にしていない方が多いかもしれません。

 

香典を出しても帰ってくるということは、身内で死者が出てくる可能性があるメッセージにもとれます。

なので、できれば香典を出すタイミングも少し考えた方が良いでしょう。

 

ですが、寅の日に葬式を避けるのは地域によって異なる場合があります。

お住まいの地域の風習を確認してみるのも良いかもしれません。

 

また、金運をアップさせてお金に悩まない人生を送りたい方へ。

 

今、金運のプロによる『特別金運鑑定』を期間限定『無料』で受けることができます。

特に、『40歳以上の女性の金運アップ』の効果が凄く、金運が上がる大きなチャンスです。

 

実際、この金運鑑定を受けている人ほど大きな臨時収入が入ったり、貯金がドンドン貯まっってきています。

 

今まさに人気が殺到しているので、ぜひ終了になる前に金運アップの秘訣を取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

寅の日の過ごし方は?寅の日にやるといいこと3選!買い物や支払いが吉

寅の日の意味とは?寅の日にやってはいけないこともご紹介!

 

続いて、寅の日の過ごし方として、寅の日にするといいこと、やるといいことについてご紹介していきます。

結論から言うと、寅の日におすすめの過ごし方は以下の5つです。

 

  • 旅行
  • 引っ越し、事業の立ち上げなど新しいスタート
  • 車や新居などの大きな買い物
  • 新しい財布の購入&使い始める
  • 宝くじを買う

 

ではこの中から金運に大きく関わる『宝くじ、新しい財布、大きな買い物』について、1つずつ詳しく見ていきましょう!

 

寅の日の過ごし方①:寅の日に宝くじの購入

 

寅の日にするといいこと、1つ目は「宝くじの購入」です。

寅の日が金運アップに最良の日であれば、宝くじを買うのには最適な日ですよね。

 

宝くじの売り場のカレンダーには、寅の日に印が付けられるほど縁起の良い日といえるでしょう。

金運招来日とも呼ばれる寅の日ですが、「金運招来日」ののぼりが出ている売り場もあります。

 

寅の日の過ごし方②:寅の日に新しい財布を購入・使い始める

 

寅の日にするといいこと、2つ目は「新しい財布の購入と使い始める」ことです。

 

寅の日に新しい財布を購入することで、新しい財布にお金が戻ってくると言われています。

寅の日であれば、買ったその日に使い始めるのもアリです。

 

詳しくは後述しますが、とくに一粒万倍日と重なる日に購入すると良いので、寅の日と一粒万倍日の日にちも確認するのをお勧めします。

 

購入する時期のおすすめは春と秋です。

なぜなら、春は「財布が張る」といわれており、秋に関しては「財布が実る」とされているからです。

 

いますぐ新しい財布が必要でないのであれば、寅の日と一粒万倍日を狙うのも良さそうですよね。

 

また、新しい財布を使い始める時間帯にも注意してください。

というのも、『ある時間』に財布を使い始めることで、さらに金運をアップさせることができるからです。

 

寅の日の過ごし方③:大きなお金を使う買い物など支払いが吉

 

寅の日にするといいこと、3つ目は「大きなお金を使う買い物」です。

寅の日は、新車や新居のローン契約など一世一代の大きな買い物もおすすめです。

 

また納入や納車などの手元に入る日も寅の日だとなおよし。

なぜなら、融資を受け借金をしても、「すぐ戻る」言い伝えからすぐに借金返済しやすいからです。

 

寅の日の他にも、もしローン契約や大きいお金を使うとすれば巳の日もおすすめなので、覚えておくといいでしょう。

 

また、金運をアップさせてお金に悩まない人生を送りたい方へ。

 

今、金運のプロによる『特別金運鑑定』を期間限定『無料』で受けることができます。

特に、『40歳以上の女性の金運アップ』の効果が凄く、金運が上がる大きなチャンスです。

 

実際、この金運鑑定を受けている人ほど大きな臨時収入が入ったり、貯金がドンドン貯まっってきています。

 

今まさに人気が殺到しているので、ぜひ終了になる前に金運アップの秘訣を取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

まとめ

寅の日の意味とは?寅の日にやってはいけないこともご紹介!

 

今回は、寅の日とはどんな日なのか?おすすめの過ごし方としてやってはいけないこと、やるといいことをご紹介していきました。

くれぐれもやってはいけないことの予定がある人は、気をつけてチェックしてください。

 

また基本的に寅の日は縁起の良い日ですので、金運アップが期待できます。

宝くじを買ったり、財布を新調するのに良いタイミングとされますが、寅の日と不成就日には要注意。

 

せっかくの行動も、よくない方向に向かってしまっている可能性があるんです。

新しくスタートさせたいことや大きなお金が動くことは寅の日を目掛けてみるのも良いでしょう。

 

またはスーパーラッキーな日は1年に1回しかありませんので、今から計画を立てておくことをオススメします!