未分類

出雲大社にタブーはある?行けない人やダメな服装、参拝方法を解説!

出雲大社にタブーはある?行けない人やダメな服装、参拝方法を解説!

「出雲大社にタブーはあるのかな?行ってはいけない人やダメな服装、参拝方法についても知りたい!」

 

日本屈指のパワースポットのひとつである出雲大社。

出雲大社でやってはいけないタブーやダメな服装、参拝方法など行く前に知りたいことも多いはず。

 

  • 出雲大社のタブーとは何か?
  • 出雲大社に行けないのはどんな人か?
  • 出雲大社の正しい参拝方法とは?

などについて参拝前に知っておきたいところ。

 

というわけで今回は『出雲大社のタブー』についてお話していきます。

また、出雲大社へ行けない人、ダメな服装、参拝方法についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

また、金運をアップさせてお金に悩まない人生を送りたい方へ。

 

今、金運のプロによる『特別金運鑑定』を期間限定『無料』で受けることができます。

特に、『40歳以上の女性の金運アップ』の効果が凄く、金運が上がる大きなチャンスです。

 

実際、この金運鑑定を受けている人ほど大きな臨時収入が入ったり、貯金がドンドン貯まっってきています。

 

今まさに人気が殺到しているので、ぜひ終了になる前に金運アップの秘訣を取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

出雲大社のタブーとは?やってはいけないことやダメな服装を解説!

出雲大社にタブーはある?行けない人やダメな服装、参拝方法を解説!

 

出雲大社でタブーとされるやってはいけないこと、ダメな服装とは以下の通りです。

  • 神様の通り道「参道の真ん中」を歩く
  • お賽銭箱に小銭を投げ入れる
  • 一般的な参拝方法はダメ
  • カジュアルすぎる服装はダメ

 

神社は神様の家とされているため、相応しい振る舞いや服装を心がけたいもの。

というわけでここでは『出雲大社のタブー』をご紹介しつつ、あわせて対処法についても触れていきます。

 

さっそく見ていきましょう!

 

神様の通り道「参道の真ん中」を歩くのはダメ! 端に寄って

 

出雲大社で参道の真ん中を歩くのはタブーです。

というのも、参道の中心は神様の通り道とされていて、神聖な場所だから。

 

そのため、鳥居をくぐったら端を歩くようにします。

ちなみに、参道の真ん中を歩く行為は全国の神社に共通するやってはいけないことです。

 

参道の中心は神様の通り道と心得て、参拝の際は常に端に寄って歩くと覚えておくと良いでしょう!

 

お賽銭箱に小銭を投げ入れてはダメ! 願いを込めてそっと

 

お賽銭箱に小銭を投げ入れるのもタブーです。

たまに「お賽銭箱に小銭を投げると願いが叶う」という声を耳にしますが、これにはまったく根拠がありません。

 

むしろ、小銭を投げつけるのは神様に失礼なのはもちろん、参拝をおろそかにしている行為です。

神社は神様の家と考えられているため、そのような無礼な行為は絶対にやめたほうがいいでしょう。

 

それ以外にも、他の人に小銭を当ててケガをさせたり、トラブルに発展したりする可能性もあります。

小銭はお賽銭箱に近づいて、願いを込めてそっと入れるのがマナーです!

 

 一般的な参拝方法はダメ! 出雲大社は2礼4拍手1礼

 

神社にお参りする時は、2礼2拍手1礼が一般的な作法です。

しかし、出雲大社では2礼4拍手1礼が参拝の作法のため注意しましょう。

 

なぜ4拍手なのかは以下のように所説あります。

  • 四季を表し実りと繁栄を祈願している
  • 東西南北を守る神様それぞれに敬意を示している

 

とはいえ、なぜこのようになったのか、いつ頃から行われているかはわかっていません。

それでも、『郷に入っては郷に従え』という言葉もあります。

 

出雲大社では、2礼4拍手1礼の参拝作法に倣いましょう!

 

カジュアルすぎる服装はダメ! 神の前に相応しい恰好を

 

参拝は神様がいる場所へ行く神聖な行為なので、カジュアル過ぎる服装は相応しくありません。

例えば以下のような服装はNGです。

 

  • 帽子をかぶったまま
  • サンダルやダメージジーンズ
  • 露出の多い服装

 

このようなカジュアルな服装は控えたほうがいいでしょう。

 

また、ダメージジーンズだけでなく、デニムも古くは作業着だったため、参拝には不適切とされています。

実際のところ、出雲大社を訪れる服装に明確なルールはありません。

 

とはいえ、参拝は神様の前に出る行為のため、それに相応しい身ぎれいな恰好を心がけたいもの。

どんな服装が適しているかいまいちわからない場合は、目上の人に会いに行くシーンを想像してみましょう!

 

また、金運をアップさせてお金に悩まない人生を送りたい方へ。

 

今、金運のプロによる『特別金運鑑定』を期間限定『無料』で受けることができます。

特に、『40歳以上の女性の金運アップ』の効果が凄く、金運が上がる大きなチャンスです。

 

実際、この金運鑑定を受けている人ほど大きな臨時収入が入ったり、貯金がドンドン貯まっってきています。

 

今まさに人気が殺到しているので、ぜひ終了になる前に金運アップの秘訣を取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

出雲大社に行けない人がいる?行ってはいけない理由や特徴とは?

出雲大社にタブーはある?行けない人やダメな服装、参拝方法を解説!

 

出雲大社に行きたくても行けない人、または行くのを注意した方がいい人がいます。

その理由や特徴が気になるところ。

 

ここでは出雲大社に『行けない人』『行くのを注意した方がいい人』をご紹介しつつ、その理由や特徴をお話していきます。

また、出雲大社へ行かない方がいいケースもご紹介しますので、参考にしてみてください!

 

霊感が強い人はパワーが強い出雲大社は要注意

 

霊感が強い人は、出雲大社へ行く際に注意が必要です。

なぜなら、出雲大社は強力なパワースポットのため、良い気だけでなく悪い気も集まるから。

 

例えば、邪念を持った人や、感謝を忘れた強欲な人、そういった人々の悪い念が残ることがあるんです。

霊感が強い人はそれらを敏感に感じ取ってしまうことも。

 

すると、「吐き気がする」「頭痛がする」「気が重くなる」といった心身に不調をきたすことがあるんです。

実際に体調に異変をきたしたと言う声もありました。

 

 

とくに、コンディションが悪い時は良くない影響をモロに受ける可能性があります。

こういった理由から、霊感が強い人は出雲大社へ行けないわけではありませんが、注意した方がいいと言われるのでしょう。

 

また、霊感の強い人の中には出雲大社のパワーに圧倒されて「行けない」と言う人もいます。

このように、霊感の強い人からすると、出雲大社のパワーは相当なことがうかがえます。

霊感の強い人の中には、出雲大社のパワーが強すぎて行けない人がたしかに存在すると言えるでしょう!

 

出雲大社に歓迎されていないときは行かないで!

 

霊感がなくても、出雲大社に歓迎されていない時は行かない方がいいでしょう。

出雲大社に行かない方がいいのは以下のようなケースです。

 

  • 出雲大社へ行く日に急な予定が入ってしまう
  • 通行止めや道に迷って出雲大社にすんなりたどり着けない
  • 出雲大社へ行く前日や当日に突然体調を崩す

 

このような「行きたくても行けない」状況に陥った時は、出雲大社の神様に歓迎されていない可能性があります。

 

また、お皿が割れた、靴ひもが切れた、など身近なものが急に壊れた時も要注意。

こんな時は、参拝する時期でなかったり、良くない気をまとっていたりするんですね。

 

そのため、こういったことが起きた時は無理に出雲大社へは行かず、参拝する日を改めましょう!

 

また、金運をアップさせてお金に悩まない人生を送りたい方へ。

 

今、金運のプロによる『特別金運鑑定』を期間限定『無料』で受けることができます。

特に、『40歳以上の女性の金運アップ』の効果が凄く、金運が上がる大きなチャンスです。

 

実際、この金運鑑定を受けている人ほど大きな臨時収入が入ったり、貯金がドンドン貯まっってきています。

 

今まさに人気が殺到しているので、ぜひ終了になる前に金運アップの秘訣を取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

出雲大社の参拝方法は?正しい参拝ルートをわかりやすく解説!

出雲大社にタブーはある?行けない人やダメな服装、参拝方法を解説!

 

出雲大社には正しい参拝ルートが存在します。

知らずにマナー違反を起こさないよう、参拝前にしっかり抑えておきたいところ。

 

というわけでここでは『出雲大社の参拝方法』と『正しい参拝ルート』をご紹介していきます。

さっそく見ていきましょう!

 

まずはご本殿前の八足門でご本殿から参拝する

 

出雲大社は、まずはじめにご本殿前の八足門(やつあしもん)でご本殿から参拝しましょう。

ご本殿は4つの鳥居をくぐった先にあります。

 

八足門にたどり着く前に手水舎があるので、そこで身を清めましょう。

ご本殿を参拝する際は、出雲大社の作法に倣い2礼4拍手1礼でお参りします。

 

ご本殿周辺の垣は時計と反対周りに順番に参拝する

 

ご本殿をお参りしたら、反時計回りに進んで各社殿を回るのが出雲大社の正しい参拝ルートです。

境内マップが各所に用意されているため、それを確認しながら周ってもいいでしょう。

 

お参りの所要時間は、だいたい1時間程度です。

ちなみに、出雲大社と言えば有名な大しめ縄は境内にはありません。

 

境内の外の神楽殿にあるため、間違えないよう注意したいポイントです!

 

出雲大社の各御社殿での拝礼作法

 

前述した通り、出雲大社では『2礼4拍手1礼』が参拝の作法です。

これはご本殿に限らず、出雲大社の各御社殿すべてに共通する作法と覚えておきましょう。

 

ただし、毎年5月14日に開催される出雲大社の最大の祭典『例祭』の時は例外です。

この日だけは『2礼8拍手1礼』が参拝作法となります。

 

これは、古くから無限の意味を持つ数字の『8』をもって、神様に対して限りのない拍手をお伝えするためです。

通常は『2礼4拍手1礼』、5月14日だけは『2礼8拍手1礼』が参拝の作法と覚えておきましょう!

 

出雲大社に直接行けない人は分祠を参拝する

 

出雲大社に行きたいと思っても、すぐに参拝できる人ばかりではないでしょう。

そんな人は、出雲大社の分祠を参拝するのがおすすめです。

 

分祠は本社の神霊をわけ、分霊として祀った神社のことを言います。

別名、『分社』とも呼ばれていて、そのご利益は本社と変わりありません。

 

実際に、出雲大社の分祠を訪れてご利益にあやかっている人も多くいます。

このように、出雲大社のご利益を求めて分祠にもたくさんの人が足を運んでいるとわかります。

ちなみに、分祠でも参拝作法は出雲大社と同じく『2礼4拍手1礼』です。

 

出雲大社の分祠は北海道から沖縄まで全国各地にあるだけでなく、ハワイやマレーシアにもあるほど。

出雲大社が遠くて行けない人は、近くの分祠を参拝するといいでしょう!

 

まとめ

出雲大社にタブーはある?行けない人やダメな服装、参拝方法を解説!

 

今回は『出雲大社のタブー』についてお話ししました。

出雲大社でタブーとされるやってはいけない、ダメな服装は以下の通りです。

 

  • 神様の通り道「参道の真ん中」を歩く
  • お賽銭箱に小銭を投げ入れる
  • 一般的な参拝方法はダメ
  • カジュアルすぎる服装はダメ

 

神社は神様の家とされているため、それに相応しい振る舞いや恰好があります。

 

出雲大社へ参拝に行く際は、神様へ敬意を持った立ち振る舞いを心がけると良いでしょう。

また、霊感が強い人は出雲大社へ行く際は注意が必要です。

 

というのも、霊感の強い人は出雲大社にある悪い気の影響を受けてしまうことがあるから。

他にも、霊感の強い人の中には出雲大社のパワーに圧倒されて行きたくても行けない人も存在します。

 

霊感がなくても、以下のようなケースは出雲大社の神様に歓迎されていない可能性があるため、行くのを控えた方がいいでしょう。

 

  • 出雲大社へ行く日に急な予定が入ってしまう
  • 通行止めや道に迷って出雲大社にすんなりたどり着けない
  • 出雲大社へ行く前日や当日に突然体調を崩す
  • 身の回りのものが急に壊れる

 

こんな時は無理にいくのはやめて、参拝する日を改めましょう。

最後に、出雲大社の参拝方法と正しい参拝ルートをご紹介しました。

 

出雲大社の参拝方法は以下の通りです。

  • まずはご本殿前の八足門でご本殿から参拝する
  • ご本殿周辺の垣は時計と反対周りに順番に参拝する
  • 出雲大社の各御社殿での拝礼作法

 

また、出雲大社に直接行けない人は、同等のご利益のある分祠を参拝するのがおすすめです。

出雲大社の分祠は全国各地、海外にもあるので行きやすい場所を探してみると良いでしょう。

出雲大社へ行こうと考えている人は、今回お話した内容をぜひ参考にしてみてください!